イベントトップに戻る

PROGRAM

おもいつきの声と色【事前予約制】

ワークショップ

思いついたものを心に留め、声と色をのせて形を変化させていく時間はワクワクがいっぱいです。出来上がるまでの過程が何より大切な時間。ときにひとりで、ときにふたりで、ときにみんなで、こどももおとなも一緒に。小島聖と平松麻が始めた声と色の実験室。

この場所になじみのある人だけでなく、さまざまなバックグラウンドを持つ人々が、臨海副都心の地で集い、一緒に「作る」ことで新しい価値観に触れられます。この場所で語られる声を聞いて、そこから感じる世界を一人一人が自由に描きます。最後にその絵を集めて紙芝居にして、この場所でしか作られない物語が完成します。

【"声"の展示(朗読の展示)】
ワークショップでは、物語を語る「声」から絵を描き、紙芝居を完成させます。 そこで完成した紙芝居の朗読は、「"声"の展示」として夢の広場から聞くことができます。 おとなもこどもも、みんなで作り上げた紙芝居。みなさんはどんな世界を想像するでしょうか。 夢の広場にお立ち寄りの際は、耳を傾けてみて、ご自身の「おもいつきの声と色」の世界をお楽しみください。(9月21日スタート予定)

【オンライン紙芝居】
イベント終了後には、実際にワークショップの中で完成した紙芝居を、オンラインで鑑賞することができます。 紙芝居の物語を語られた「声」と、描かれた「色」をご自宅でもお楽しみください。

午前の部


午後の部



【ドキュメント映像】
当日のワークショップの様子や、俳優の小島聖さんと、画家の平松麻さんのお二人にも「おもいつきの声と色」の活動についてお話を伺います。 ワークショップの中で紙芝居を作り上げる人々の賑わいや、温かさが自然と感じられます。(9月26日以降に公開予定)






■開催日時(全2回)
2022年9月19日(月・祝)
【午前の部】10:00-12:00
【午後の部】14:00-16:00

■場所
夢の広場 access map
*雨天時:乃村工藝社本社 access map

■参加条件
・3歳以上

*2歳以下のお子様は、保護者の方にご同伴いただけます。


【午前の部】イベントにご興味をお持ちの親子または大人の方
【午後の部】臨海副都心エリアに居住または就業・就学の親子または大人の方


■定員
各回 先着12名

■参加料
無料

■当日の撮影について
「オンライン紙芝居」「ドキュメント映像」のための撮影を行います。
ワークショップの様子を撮影し、当サイトおよび「ARTBAY TOKYO」の公式YouTubeに公開させていただきます。

■お申込みページ
こちら

*プログラムのお申し込みは会員登録が必要となります。
*参加する人数分のチケットをお申し込みください。(例:2名で参加の場合、チケット2枚)
*同伴・付き添いの方のチケットは必要ございません。
*キャンセルされる場合は、プログラム参加日の前日までにお願いいたします。





アーティスト

小島 聖



近年、映像作品に出演する一方、舞台役者としての評価も高く、話題の演出家の舞台に多数出演し、新たな魅力を発揮している。また著書に「野生のベリージャム」がある。 https://hijirikojima.com/



平松 麻



油彩画をメインに展覧会での作品発表を軸に活動する。自身の体内に実在する景色を絵画にし、「雲」をモチーフに据えた心象風景を描く。雑誌・書籍・新聞などの挿画や執筆も手がける。 http://www.asahiramatsu.com/





WORKS


おもいつきの声と色



2020年から思いつきで始まった小島聖と平松麻の、声と色の実験室。主に紙芝居という形で発表をし、各地でワークショップや読み聞かせの会を開催しています。オリジナル紙芝居を毎月1日にyoutubeにて配信中。こちら
日々の活動はインスタグラムにて。こちら