イベントトップに戻る

ARTWORK

Territory Gone Wild 野生のテリトリー / ULTRA STUDIO

インスタレーション

夢の広場は芝生に覆われ、1kmのシンボルプロムナードが続く。


初めて広場を訪れたとき、芝の一部は囲われ、散水養生をする作業員のほかに人影はなかった。その光景は時折公園で目にする「入れない芝生」を思い出させる。駅から来る人々はどこかを目指して広場を迂回した。広場の周りの看板や植え込み、銅像なども、囲いと相まって入りづらさを作っているのだろうか。囲いは場所を二分し、内側を切り離して意味を変えてしまう。その特徴をひっくり返すことで、広場に新しい領域を生み出せないだろうか。


5月らしからぬ強い日差しの下、長大なプロムナードを歩くと、灯台のような街灯、日を浴びるベンチ、控えめな散歩コースのサインなど、孤立したオブジェ群と遭遇した。それらも囲ってしまえば、違う意味が生まれるのではないか。唐突に出会う変化したオブジェ群が、プロムナードを繋ぐ領域を作るだろう。 


この臨海副都心に野生のテリトリーが出現する。







■展示日時
2022年9月16日(金)~25日(日)
10:00~19:00

■展示場所
夢の広場(シアター空間)
access map

シンボルプロムナード公園内 各所(ストリートファニチャー)
Concept & Map
access map





アーティスト

ULTRA STUDIO



向山裕二、上野有里紗、笹田侑志からなる建築コレクティブ。2013年に結成。日本とヨーロッパで経験を積み、2018年より東京をベースに設計活動を開始。都市文化を批評的にとらえなおしつつ、建築的介入を創り出す。建築や家具の中に、特定の機能を持たない象徴的な形を忍び込ませ、ひとびとに気づきを与えるデザインを試みている。 Frame Awards 2021, Set Design of the Year受賞、iFDesign Award 2022, Window display部門受賞。 https://ultrastudio.jp/



WORKS



LANDSCAPE GOES DOMESTIC
© Photo by Yuu Takagi

ULTRA STUDIO OFFICE
© photo by Yuna Yagi

TOUCH ふれる#1
© Photo by Kenryou Gu